タイヤ

バイク用タイヤの交換方法、手順を詳しく分かりやすく紹介

バイクに長く(距離/時間)乗っていると、
いずれ訪れるものの一つに
タイヤ交換時期
があります。

タイヤが摩耗している
タイヤにひび割れが出てきた
気になる(話題の)タイヤがある(笑)

理由は様々ですが、タイヤ交換をするタイミングで
自分のバイクが履いているタイヤについて、
今一度見直すには良いタイミングです。

ぜひ、これを機に、バイク用タイヤについての
知識を再確認すると共に、あなたのバイクが履く
タイヤについて、より良い選択となるものが
無いのか再確認してみましょう。

より楽しいバイクライフがおくれるタイヤが
見つかるかもしれません。

賢くタイヤ交換をして、より楽しいバイクライフ
とするための情報を紹介します。

交換を迫られるタイミング

今履いているタイヤに問題ないし、気に入って
使っているという場合でも、いずれ交換時期が
やってきます。

ここでは、その交換時期が来る理由を確認
しましょう。

スリップサイン

長く、もしくは激しくタイヤが活躍したということは、
それだけ早くスリップサインが出現します。

排気量が250CCを超えて車検の対象となる場合には、
車検時に0.8mm以上の残溝が無いといけないので、
最低限のラインはそこになります。

もちろん、車検が無い場合でも、残溝の確認が必要です。

また、目視で残溝を確認するには、タイヤサイドに
(スリップサイン表示マーク)がある部分の溝を
確認します。

スリップサイン表示マークがある部分は溝が浅いので、
スリップサイン表示マークがある部分の溝が途切れて
見えるようなら、それは残溝が不十分であるという
ことです。

スリップサインが出ている状態というのは、
文字通り「もう限界っ!!」とタイヤが言っている
状態なので、そうなる前にタイヤ交換を
すませましょう。

ひび割れ(クラック)

ひび割れがタイヤ内部のコードに達しない限り、
安全上の問題は無く、継続使用は可能ですが、
クラックがタイヤ内部のコードに達している
場合は、交換が必要です。

ここで、サイド部クラックについて確認しましょう。

サイド部クラックとは
サイド部のゴムに生じる細かいひび割れ

のことです。

経年劣化やオゾン・紫外線などが原因で発生
してしまいます。
なるべくひび割れが発生するのを遅らせるため、
以下のことに気をつけましょう。

・取り外し保管時、直射日光の当たる場所は避ける
・カーメーカー指定の空気圧に調整する
(空気圧不足はひび割れの拡大を助長する)
・タイヤつや出し剤等には、ひび割れが発生する等
タイヤに有害なものもあるので、悪影響が出たら
使用をやめる
(タイヤの汚れは水洗いで落とすよが良い。
どうしても美化剤やつやだし剤を使用したい場合
には、石油系溶剤を含んだものには、ゴムの変質・
劣化に影響を与えるものもあるので要注意)
水溶性の美化剤や艶出し剤は、変質・劣化に
影響が少ないと言われている。

使用期間

タイヤは、バイクやクルマの安全な運行に重要な役割を
担っています。

タイヤは様々な材料が使用されているものの、主な
材料はゴムであり、ゴムの特性が経時変化するのに伴い、
タイヤの特性も変化しています。

その特性の変化は、環境、保管条件、使用状況
(荷重、速度、空気圧)などで左右されるので、
一定期間での点検が必要となります。

残溝やひび割れだけでなく、タイヤの使用期間、
タイヤ製造後経過期間によっても点検やタイヤ交換が
必要となるのです。

ここでは、ブリジストンが提示している期間を
紹介します。

使用開始後の期間

ブリジストンのWEBによれば、
使用開始後5年以上経過したタイヤについては、
継続使用に適しているかどうか、すみやかに
タイヤ販売店等での点検を受けられることを
お奨め致します。』
とのことです。

「使用開始後5年」というのがポイントですね。
製造後ではなく、使用開始後です。

使用開始することによってタイヤが荷重を受け、
トレッド部が路面と接触するということになります。

その状態が発生(開始)してから5年後ということです。

週末にしか乗らない、しかもロングツーリングなどには
使わないという使用状況などでは、使用開始から5年経過
してもスリップサインやひび割れは問題ないという
状態なのでしょうかね。

製造後の経過期間

ブリジストンのWEBによれば、
『外観上使用可能のように見えたとしても
(溝深さが法律に規定されている値まで
すり減っていない場合も)製造後10年経過
したタイヤは新しいタイヤに交換

されることをお奨め致します。』
とのこと。

製造後10年を経過している場合には、新しいタイヤ
への交換が推奨されています。

ま、感覚的に納得ではあります。

バイク用タイヤ交換方法

バイクのタイヤは、クルマのタイヤと比べると
自分でタイヤの交換(組替)がしやすいです。

特に原付2種までの排気量で、高速道路に
乗らないという場合であれば、ホイールバランス
も必要ないでしょうから、自分でタイヤ交換を
することの敷居が低いです。

もっとも、最近はホイールバランスをとる
ためのスタンドが数千円から1万円程度で購入
できるので、結局は敷居が高くないということです(笑)

特に、サーキット走行をするとか、色々な
タイヤを試すという場合には、自分でタイヤの
組替ができるというのは、非常に良い環境となります。

バイク用タイヤ交換に必要なもの

・交換するタイヤ
・エアバルブ
タイヤ交換と同時にエアバルブも交換することを推奨
・ビードワックス
石鹸水で代用可能
・ムシ外し
・タイヤエアゲージ
・タイヤレバー2本
3本あると楽とされています
(筆者は2本でなんとかなりました:原付2種)
・空気入れ
・リムプロテクター
(筆者は使いませんでした)

バイク用タイヤ交換方法

タイヤ交換作業は、ザックリと以下のような流れで進めます。

1.エアを抜く
ムシ回しでムシを外す
2.タイヤをホイールから外す
3.エアバルブ交換
バルブを取り外す
バルブのゴム部をカットしてバルブを外します
新しいバルブを取り付ける
4.タイヤをホイールに組み付ける

バイク用タイヤ交換作業を動画で紹介

画像をベースに説明していってもよいのですが、
ちょっとしたコツの部分などは、作業している
映像を見た方が伝わると思うので、コレは!!と思う
youtube画像を3つ紹介します。

それぞれ、作業方法に特徴があるので、まずは1倍速よりも早い速度で
ザックリ確認して、その後に主に参考にする動画を決め、補足が必要な
情報を他の動画から得るというように活用するとよいと思います。

初めて作業する場合は、「真冬に作業しても汗ばむ」
という可能性があります。
とは言え、コツが分かってしまえば簡単な作業ですので、
必要以上に構えず、「やったるぜぇ~」という決意を
持ちつつ安全に配慮して作業を進めて下さい。

◆原付きスクーターのタイヤを淡々と交換


淡々とタイヤ交換しています。
全体の流れを掴むことができます。

◆バイク車体からのタイヤ取り外しも含む:まーさん


タイムスタンプを参考までに書いておきます。
・タイヤを車体から外す 最初から
・タイヤをホイールから外す 2:10から
・エアバルブ交換 6:20から
・タイヤ組み付け 7:55から
・タイヤを車体へ取り付け 13:05から

タイヤをそれぞれ一箇所カットする、ビードの落とし方が
ビードブレーカー使っている、という点が特徴的。
全体的に作業のススメ方が参考になります。

まーさんの動画は、色々と参考になる部分が多いので、
チェックしてみることをオススメします。
(あっという間に時間が過ぎるのでご注意を!!(笑)

◆基本通りっぽい作業のススメ方


タイムスタンプを参考までに書いておきます。
・ビード落とし 最初から
・タイヤ取り外し 1:30から
・タイヤ組込 4:00から

ビードブレーカーを使っています
エアバルブを交換していません。
リムプロテクター使っています。

交換後の達成感、満足感があなたを待っています。

関連記事

  1. エンジンオイル

    エンジンオイル交換をサボるとどうなる?

    エンジンオイル交換が必要なのは十分理解しているけど、「今イロイロと…

  2. エンジンオイル

    【エンジンオイルの役割】どんなお役目がある? 6つの役割

    人間に例えて、エンジンは心臓、エンジンオイルは血液と言われたりしま…

  3. バイク

    【バイク用バッテリー】基礎知識を分かりやすく詳しく紹介

    バイク用、クルマ用にかかわらず、バッテリーは何気に重要な役割を果た…

  4. エンジンオイル

    【エンジンオイル交換方法】エンジンオイルはどうやって交換する?

    エンジンにしっかりと仕事をしてもらうためにも、エンジンオイルをしっ…

  5. タイヤ

    バイク用タイヤを交換する|交換用タイヤの選び方

    バイク用のタイヤを交換する場合、どのタイヤに交換するか、これが非常…

  6. エンジンオイル

    【エンジンオイルフィルター交換に必要な用品】フィルター交換に何を準備する?

    エンジンオイルフィルターの交換を自分でやる場合に必要となるモノを紹…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

いつも応援ありがとうございます!!
励みになります。




ブログランキング・にほんブログ村へ

  1. エンジンオイル

    バイクのエンジンオイル交換大百科
  2. エンジンオイル

    エンジンオイル交換をサボるとどうなる?
  3. エンジンオイル

    【エンジンオイル選び】安心の純正_ホンダ・ウルトラ
  4. タイヤ

    タイヤサイズ表記の見方/読み方を分かりやすく紹介|バイク用タイヤ
  5. バイク

    【バイク用バッテリー】交換時期と交換方法
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。