バイク

【バイク用バッテリー】基礎知識を分かりやすく詳しく紹介

バイク用、クルマ用にかかわらず、バッテリー
何気に重要な役割を果たしています。

走る・曲がる・止まるで言えば「走る」に間接的
関わります。
安全に関わる部分としてウィンカーやヘッドライト、
ブレーキランプなどの点灯にもバッテリーが必要です。
安全に、そして円滑に公道を走行するために
必要です。

「走る」という部分で言えば、今やエンジンに
電気は不可欠な存在です。

点火プラグが火花をとばす、電子制御式の燃料噴射装置
が燃料を適切なタイミングで適切な量を噴射するためにも
電気(電力)が必要です。
(様々なセンサーからの入力情報を基に、計算した結果にて
燃料噴射タイミングや量を決定している)

そして、エンジン始動する際にも、スターターモータにて
始動する場合には、バッテリーが大活躍します。

バッテリーへ電力を供給しているのは発電機であり、
バイク全体が必要とする電力を「安定して供給」するために
バッテリーが活躍している、ということになります。

ここでは、バイク用バッテリーの基礎知識として、
バイク用バッテリーの種類型番の読み方について
紹介します。

バイク用バッテリーの種類

バイク用バッテリー大別すると、使われている素材により
・鉛
・リチウム系
に分けられます。

そして、鉛バッテリーは、
・VRLA(制御弁式)/MF(メンテナンスフリー)型
・開放型
の2種に分けられます。

現状、販売されているバイクに搭載されているバッテリーの主流は、
鉛のVRLA(制御弁式)/MF(メンテナンスフリー)型
となっています。

ここでは、それぞれについて、見ていきましょう。

鉛系 VRLA(制御弁式)/MF(メンテナンスフリー)型

VRLA(制御弁式)というのが正式な名称ですが、
クルマのバッテリーでは、MF(メンテナンスフリー)型という
方が通りが良い呼び方だと思います。

VRLA(制御弁式)で、結果的にMF(メンテナンスフリー)
という理解をしておけば良いと思います。

MF(メンテナンスフリー)という名の通り、メンテナンスが
基本的に不要なバッテリーです。

電解液の液面が下がる(減少する)ことがほとんどないので、
メンテナンスが不要なのです。

開放型のように、液面が下がっていないかを目視で
確認するということが必要ないので、気分的に楽ですね。

注意点として、MF型のバッテリーは、MF型(密閉型)に
対応した充電器を使って充電する必要がある
というのがあります。
(開放型のみを対象とした充電器では充電しない
ようにしましょう)

鉛系 開放型

現在も交換用としても多く流通しているバッテリーであり、
MFと謳っていない鉛系のバッテリーは開放型と考えて
間違いは無いでしょう。
(電解液の補充について記載があるはずです)

ちなみに、クルマ用のバッテリーとして考えれば、
この開放型の方がMF型よりも多く流通している
ような印象を当サイト管理人は持っています。

開放型の場合、6Vと12Vがあるので、注意が必要です。
開放型のバッテリーは、電解液が減少するので、定期的
「精製水」を補充する必要があります。

電解液の液面が減少したまま使用を継続すると、バッテリーの
寿命に悪影響を与えてしまいます。

リチウム系

未だ普及し始めという状態ですが、バイク用品店の
バッテリーコーナーでもしっかりと陳列スペースが
確保されるようになりました。

リチウム系のバッテリーの大きな特徴は、やはり
バッテリーの重量が軽い
ということにあります。

レース(やサーキット走行)の世界では、比較的コストよりも
速さが優先されるので、採用例が少なくないようです。

バイク用バッテリーの型番の意味

交換用のバッテリーを探す場合に、自分のバイクのバッテリーの
型番を把握して、互換性のあるバッテリーを選択する
必要があります。

クルマのバッテリーと同様、バイクのバッテリーに
おいても、型番・表記の仕方はJIS規格に基づいています。

ここでは、GS YUASAでの表記を例に型番の読み方/意味を
紹介します。

読み方の紹介で使用している図は、いずれも
㈱ジーエス・ユアサバッテリー(https://gyb.gs-yuasa.com)
のWEBからの抜粋です。

なお、クルマ用のバッテリーと異なり、バイク用のバッテリーに
おいては、型番だけの確認だけでなく、きちんとバッテリーメーカの
カタログによってバイクとの適合を確認する必要があるという
認識を当サイト管理人は持っています。
(意中のバッテリーメーカがあるなら、そのラインナップから
適合するバッテリーを探す方が早いと思います)

というのも、クルマのバッテリーについては、使用中のバッテリー
の型番と同じものを探せば、それは適合しているという
分かりやすい状態にあります。

ところが、バイク用のバッテリーについては、そもそものJIS規格が
分かりにくいものになっているので、使用中のバッテリーと
互換性があるものを型番だけで探そうとすると、時間がかかったり、
本来は互換性あるものを見落としたりしてしまう可能性が高いと
想定しています。

それを前提に、以下の情報を知っていただき、交換用の
バッテリーを探していただければと思います。

つまり、バッテリーメーカの適合表にて探すのが
短時間で目的のバッテリーに辿り着く道である、
ということです。

VRLA(制御弁式)/MF(メンテナンスフリー)型

まず、VRLA/MFであることを確認するためには、
型番の最後が「S」であるかどうかを見ます。
(ただし、商品カタログで確認していると、
VRLAという括りの中にある商品なのに「S」が
ついていないものがある、というのが
複数メーカでありました。

なので、「S」がついていない場合でも、
バッテリーメーカのカタログなので確認すると
VRLAである場合もある、ということを予め
知っておくと良いです。

開放型(高性能)バッテリー

VRLAでは無く、型番の最初が12(または6)で始まらない場合には、
鉛の「高性能オートバイ用バッテリー」
ということになります。

開放型(標準標準形)バッテリー

型番が12か6で始まる場合には、鉛の開放型で標準形
のバッテリーです。

バイク用バッテリーの互換表

バイク用バッテリーの型番の意味が分かっても、
別のバッテリーメーカでの型番をすんなりと
分からないというのがあるので、互換表が欲しい
ところです。

で、GSYUASAのサイトに互換表が掲載されているので、
それを紹介しましょう。

VRLA(制御弁式)バッテリー互換表


(画像をクリックすると拡大表示します)

開放式バッテリー互換表

1つ目

(画像をクリックすると拡大表示します)

2つ目

(画像をクリックすると拡大表示します)

現在使用中のバッテリーについてきちんと把握し、
交換用のバッテリーを正しく選択し、楽しいバイクライフを
過ごして下さい。

関連記事

  1. エンジンオイル

    【エンジンオイルフィルター交換に必要な用品】フィルター交換に何を準備する?

    エンジンオイルフィルターの交換を自分でやる場合に必要となるモノを紹…

  2. バイク

    【バイク用バッテリー】交換用バッテリーの選び方

    冬を前に、アイドリング時にヘッドライトがチラついていたり、スタータ…

  3. タイヤ

    バイク用タイヤの交換方法、手順を詳しく分かりやすく紹介

    バイクに長く(距離/時間)乗っていると、いずれ訪れるものの一つに…

  4. エンジンオイル

    【エンジンオイル選び】安心の純正_スズキ・エクスター

    エンジンオイル交換を自分でやるにしても、ショップに依頼するにしても…

  5. エンジンオイル

    【エンジンオイルの添加剤について】添加剤ってナ~ニ?

    添加剤と聞くと、「後から添加するもの」というイメージがありますよね…

  6. タイヤ

    タイヤサイズ表記の見方/読み方を分かりやすく紹介|バイク用タイヤ

    ここでは、タイヤサイズ表記の見方について詳しく分かりやすく紹介して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

いつも応援ありがとうございます!!
励みになります。




ブログランキング・にほんブログ村へ

  1. タイヤ

    タイヤサイズ表記の見方/読み方を分かりやすく紹介|バイク用タイヤ
  2. バッテリー

    【バッテリー充電器選択の3つの基準】オススメの充電器5選
  3. エンジンオイル

    バイクのエンジンオイル交換大百科
  4. バイク

    【バイク用バッテリー】交換時期と交換方法
  5. バイク

    【バイク用バッテリー】交換用バッテリーの選び方
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。