エンジンオイル

【エンジンオイル交換に必要な用品】何を準備しておくのか?

低コストでエンジンオイル交換をして、自分でバイクの
コンディションを確認するには
自分でエンジンオイル交換をするのが良いですね。

では、エンジンオイルを交換するためには、
どのようなものを揃えればよいのでしょうか?

しっかりと漏れなく事前に準備して、スムーズに
オイル交換を済ませましょう。

まずは必要なものリストを紹介し、その後に詳細を説明します。
※オイルフィルターも交換する場合については、別ページにて紹介します。

<オイル交換毎に必要なもの>

・新品のエンジンオイル

・ドレンワッシャー(ドレンパッキン)

・廃油BOX(オイルパック)

廃油受け皿を使用してオイルを回収する場合は不要

・廃油BOXの下に敷く新聞紙やビニールシート)

床面にオイルがこぼれる(付着する)のを防止するのに使用します

・ウエス、ティッシュ、キッチンペーパーなど

<一度準備すれば良いもの>

・廃油受け皿

(使い捨ての廃油ボックス:オイルパックを使用する場合は不要)

・工具(ドレンボルト用)

サイズはバイクによるので、事前の確認が必要です。
ドレンボルトに使うのは、メガネかソケットレンチを用意しましょう。
スパナを使うのは避けた方が無難です。

・手袋(軍手よりはオイルが浸みないものがベター)

・オイルジョッキ

・パーツクリーナ(消耗品です)

<オイル交換毎に必要なものについて>

・新品のエンジンオイル

どのようなオイルが良いのかは、別ページで紹介します。
あなたのバイクに適合するエンジンオイルの中から、
予算と入手性踏まえて決めていきましょう。

無難なのは、純正オイルということになります。
ホンダの純正オイル、「ウルトラ」シリーズについては、
【どうするエンジンオイル選び】無難な純正_ホンダ・ウルトラ
で紹介しています。

・ドレンワッシャー(ドレンパッキン)

ドレンボルトと共にオイルパンにある廃油口を塞いで
オイル漏れを防ぐワッシャーです。
シーリングワッシャーとも言われます。
基本は、オイル交換毎に新品へ交換することを推奨される部品です。
慣れてくると、再利用しても問題無さそうか、という判断ができるようになる
のですが、オイル漏れのリスクを考えて、交換することを前提にしましょう。
決して高いものではなく、安価に購入可能です。
<BikeBrosで自分のバイクに合うサイズを選択>

・廃油BOX(オイルパック

ダンボール箱に耐油性のビニール袋が入っており、袋の中には
オイルを吸収するものが入れられています。
廃油をそのまま入れて、手軽に廃棄することができます。
但し、自治体によって分別方法が異なるので、事前確認しておきましょう。
(サービスステーション、自動車整備工場、カー用品店などで無料回収
してくれる店舗が近くにあるのであれば、廃油をオイル缶などにためておいて
回収してもらうという手もあります:事前確認が必要)
<BikeBrosでエーモンの「ポイパック」を確認する>

・廃油BOXの下に敷く新聞紙やビニールシート)

床面にオイルがこぼれる(付着する)のを防止するのに使用します。
「床にオイルをこぼすなんて心配ないぜぇ!」
と言う場合でも、百万が一を考えて準備しましょう(笑)
備えあれば憂い無しです。

・ウエス、ティッシュ、キッチンペーパーなど

オイルや汚れを拭き取るために使います。
ウエスやティッシュが使い勝手と準備の都合(家にある)で
良いと思います。

<一度準備すれば良いものについて>

・廃油受け皿

(使い捨ての廃油ボックス:オイルパックを使用する場合は不要)
オイルパンの床面との距離で受け皿の高さ、スタンドとの位置関係で
使いやすいオイルパンの形状が決まります。

(バイク用として使いやすい形状となっており、2Lという容量から小排気量に適しています)

・工具(ドレンボルト用)

サイズはバイクによるので、事前の確認が必要です。
スパナではなく、メガネソケットレンチを使用しましょう。

・手袋(軍手よりはオイルが浸みないものがベター)

作業対象により使い分けが必要です。
ドレンボルトを外す際、ドレンボルトを工具を使って緩めた後は、
耐油性のある手袋を使って手でドレンボルトを回して外します。

それ以外は、軍手なり作業用手袋を使い分けていきましょう。

・オイルジョッキ

無くてもなんとかなる場合もありますが、あった方が便利です。
オイル量を量ることができる、ノズルがあってオイルを入れやすいなどの
メリットがあります。

<BikeBrosで自分の好みのオイルジョッキを探す>

・パーツクリーナ(消耗品です)

オイルが付着した部分からオイルを除去するために必要です。

ブレーキクリーナ、パーツクリーナは、背が高い容器のものも
あるので、あなたが使いやすい容器形状のものを選ぶ、
ということも必要です。

背が高い容器の場合、収納しにくいという環境もあると
思うので、容器の背が高くないものとどちらが良いのか、
検討してみると良いですよ。

準備をしっかりと行い、楽しくエンジンオイル交換を完了できる
ことを願っています。

関連記事

  1. バイク

    【バイク用バッテリー】交換用バッテリーの選び方

    冬を前に、アイドリング時にヘッドライトがチラついていたり、スタータ…

  2. タイヤ

    タイヤのエア圧確認と調整はどのようにすればいい?|分かり易く解説

    「タイヤのエア圧は、月に一度は点検しましょう」、「エア圧が低い状態…

  3. エンジンオイル

    【エンジンオイル選び】安心の純正_ヤマハ・ヤマルーブ

    自分のバイクのオイル交換を自分でやるにしても、ショップに依頼するに…

  4. エンジンオイル

    エンジンオイル交換をサボるとどうなる?

    エンジンオイル交換が必要なのは十分理解しているけど、「今イロイロと…

  5. エンジンオイル

    【エンジンオイルの選び方】どうやって選ぶ? 3つの基準

    バイクを快調な状態で長持ちさせて、気分良くバイクに乗るためにはエン…

  6. エンジンオイル

    【エンジンオイル選び】安心の純正_スズキ・エクスター

    エンジンオイル交換を自分でやるにしても、ショップに依頼するにしても…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

いつも応援ありがとうございます!!
励みになります。




ブログランキング・にほんブログ村へ

  1. バイク

    【バイク用バッテリー】古いバッテリーの処分・廃棄方法
  2. タイヤ

    タイヤのエア圧確認と調整はどのようにすればいい?|分かり易く解説
  3. サーキット

    タイムアップにもはや必須のGPSロガー|デジスパイスⅢ
  4. エンジンオイル

    【エンジンオイルの役割】どんなお役目がある? 6つの役割
  5. エンジンオイル

    【エンジンオイルの選び方】どうやって選ぶ? 3つの基準
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。